年の差を上手に乗り越えている有名人

有名人同士の結婚のニュースで、たまに「そんなに年齢差がある二人が?」とびっくりすることがありますよね。10才くらいは当たり前で、場合によっては20才以上離れているケースも少なくありません。いくら若く見えるとはいえ有名人も普通の人間ですから、年の差があることで苦労していることもあるはずです。それをどのように乗り越えているのか知ることで、私たち一般人にとっても学べることはたくさんあるのではないでしょうか?

それぞれが自立していることが大切

有名人同士が結婚するとき、たいていお互い仕事を続けながら結婚生活を始めています。よほどの特殊なケースでない限りは、どちらかが仕事を辞めて家庭に入る、などということはないようです。お互いに自分の仕事をしっかりこなし、無理のないペースで一緒に暮らすのが長続きする秘訣とも言えるでしょう。収入面でも精神面でも自立し、お互いの仕事を尊重して一定の距離感を保つことで円滑な結婚生活を送れるのではないでしょうか。

やっぱり見た目も大事

特に女性が年上の場合には、「えっ、そんな年に見えない!」というほど若い場合も多いです。最初はよくても、どうしても女性のほうが先に老けていきますので、年上の女性にとっては努力を続けることが必要です。エステやジムなどで肉体を維持するのはもちろんですが、好奇心を持ち続け、チャレンジを続ける若い気持ちが内側から若くいられる秘訣かも知れません。有名人は日々刺激のある仕事に打ち込んで評価されることで輝き続けているから、いつまでも魅力ある若さを保てるのかもしれませんね。

山本英俊さんは日本のパチンコ機器卸会社、フィールズ株式会社の代表取締役会長であり、ファッションモデル山本優希さんの父親としても知られています。